篠原 敬介 
Keisuke Shinohara
Profile
専門 -作曲/指揮
生年月日 1959年 6月 12日
Professional Background 篠原敬介・音歴
留学中にABC放送の教育番組「Life of the Insects」シリーズの音楽を担当するなど、作曲家として活動を始める。帰国後は三枝成彰音楽事務所に所属し、数多くのドラマ、映画音楽の制作、編曲に参加する一方、東京交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団などのオーケストレーションを多数担当する。その後、独立し、篠原音楽事務所を開設。NHKなどを中心に本格的に映像音楽作曲家としての活動を始める。
NHK大型スペシャルシリーズ「アインシュタイン・ロマン」で脚光を浴び、その後も数多くのNHKスペシャルなどを担当する。また、近年では、映画音楽、連続ドラマ、劇場用アニメーション、舞台音楽や、愛知万博出展作品など最新の技術を駆使した映像とのコラボレーションも積極的に行い、活動の場を拡げる。

日本のみならず、チェコフィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団をはじめ海外のオーケストラとの演奏も多く、近年では劇場用アニメーション映画『ピアノの森』に、巨匠 ウラディーミル・アシュケナージがソリストとして参加する際、自らが演奏するテーマ曲そしてサウンドトラックの作曲家として篠原を指名するなど、世界の演奏家、交響楽団、指揮者からも絶対の信頼を寄せられる音楽家である。
独特のメロディーと繊細かつ壮大なオーケストレーションで映像の世界観を拡大し、人の心を突き動かす強く心地よい音楽性を持つ、本格派の作曲家。

平成23年8月17日 心不全のため 享年52歳にて急逝。
篠原敬介が残した数々の作品は、彼を惜しむ音楽プロデューサー、アーティストの手によって、新しい命を与えられ、受け継がれている。

・新春ワイド時代劇「寧々~おんな太閤記」(テレビ東京 開局45周年記念作品)
・NHKスーパーハイビジョン作品『日本遺産 冬~煌めきの季 節~』(NHK放送技術研究所)
・アニメーション映画『ピアノの森』(小島正幸監督作品 第31回 日本アカデミー賞優秀賞受賞作品)
・ ミュージカル『あらしのよるに』(横山由和演出作品 於:青山劇場)

 

Representative Works

・アニメーション映画『あらしのよるに』(杉井ギサブロー監督作品) 

(第30回日本アカデミー賞優秀賞受賞作品)
・NHKハイビジョンスペシャ ル「世界自然遺産を行く」(BSデジタル大賞2003グランプリ受賞作品)
・NHKハイビジョンスペシャル「パミール街道」
・NHKスペ シャル「アインシュタイン・ロマン」
・NHKスペシャル「沖縄 大珊瑚礁に潜る」
・NHKスペシャル「21世紀 変貌する中国」
・ NHKスペシャル「疾走アジア」
・NHKスペシャル「宋姉妹」
・NHK「歴史発見」
・NHK「堂々日本史」
・NHK土曜 時代劇「ちいさこべ」
・CX系時代劇「剣客商売」シリーズ
・TBS 元旦特別企画ドラマ「竜馬がゆく」
・愛知万博(愛・地球博) シンボルパビリオングローバルハウス「地球・光あふれる惑星」
・「千の風になって」「TSUNAMI」(歌:新垣勉)編曲
・ 「mama」(歌:平原綾香)編曲
他多数

 

Recent Works 篠原敬介・近作
Managements(専属)
Artists(アーティスト)
Agents(業務提携)
Ash_banne_0305_01.jpg
Ash_banne_0305-02.jpg
Ash_banne_0305-06.jpg
Ash_banne_0305-03.jpg

〒106-0047   東京都港区南麻布4-2-34 天現寺スクエア 6F

©️Ash Bunny, All rights reserved.